NUMA の詳細属性を使用して、NUMA の使用率をカスタマイズできます。

表 1. NUMA の詳細属性

属性

説明

デフォルト

Numa.RebalancePeriod

ミリ秒単位で指定される、再バランス期間の頻度を制御します。 再バランシングの頻度を上げると、実行中の仮想マシンを多数持つマシンにおいて特に、CPU オーバーヘッドが増大することがあります。 再バランシングの頻度を上げると、より適正になる場合もあります。

2000

Numa.MigImbalanceThreshold

NUMA リバランサは、各仮想マシンの CPU 時間資格と実際の消費との間の差を考慮して、ノード間の CPU 不均衡を計算します。 このオプションは、仮想マシンの移行を起動するのに必要なノード間の最小負荷不均衡をパーセントで制御します。

10

Numa.RebalanceEnable

NUMA 再バランシングおよびスケジュール設定を有効にします。 すべての NUMA 再バランシングと仮想マシンの初期配置を無効にして、NUMA スケジュール設定システムを実質的に無効にするには、このオプションを 0 に設定します。

1

Numa.RebalanceCoresTotal

NUMA リバランサを有効にするために必要な、ホスト上の合計プロセッサ コアの最小数を指定します。

4

Numa.RebalanceCoresNode

NUMA リバランサを有効にするために必要な、ノードあたりのプロセッサ コアの最小数を指定します。

このオプションと Numa.RebalanceCoresTotal は、NUMA 再バランシングが有効な場合に合計のまたはノードあたりの少数のプロセッサがスケジュール設定の公平性を解決できる、小型の NUMA 構成 (たとえば、2 方向 Opteron ホスト) 上で NUMA 再バランシングを無効にする場合に役に立ちます。

2

Numa.AutoMemAffinity

CPU アフィニティ セットを持つ仮想マシンのメモリ アフィニティを自動的に設定します。

1

Numa.PageMigEnable

メモリの局所性を改善するための NUMA ノード間での自動的なページ移行を行います。 その場合も、手動で設定されたページ移行速度は有効です。

1