vCenter Server では、手動での自動化モードがあるデータストア クラスタのストレージ DRS 推奨ページに、移行の推奨が表示されます。

このシステムでは、ストレージ DRS ルールの適用と、データストア クラスタの領域と I/O リソースのバランスの調整に必要なだけの推奨が提供されます。各推奨には、仮想マシン名、仮想ディスク名、データストア クラスタ名、ソース データストア、ターゲット データストア、および推奨の理由が含まれます。

  • データストアの領域使用量のバランス調整

  • データストア I/O ロードのバランス調整

ストレージ DRS は、次の状況で移行に必須の推奨を行います。

  • データストアの空き領域がなくなった。

  • 非アフィニティまたはアフィニティ ルールに違反している。

  • データストアがメンテナンス モードを開始しようとしており、退避させる必要がある。

さらに、データストアの領域がなくなりかかっている場合や、領域や I/O ロード バランシングのために調整する必要がある場合に、オプションの推奨が行われます。

ストレージ DRS では、領域のバランシングのためにパワーオフ状態またはパワーオン状態の仮想マシンの移動が検討されます。ストレージ DRS では、スナップショットがあるパワーオフ状態の仮想マシンもこれらの検討に含められます。