DRS クラスタを作成したあとで、個々の仮想マシンの自動化レベルをカスタマイズして、クラスタのデフォルト自動化レベルをオーバーライドできます。

このタスクについて

たとえば、完全に自動化されたクラスタ内の特定の仮想マシンに対して 手動 を選択したり、手動のクラスタ内の特定の仮想マシンに対して 一部自動化 を選択したりできます。

仮想マシンを 無効 に設定すると、vCenter Server でその仮想マシンの移行や、移行に関する推奨を行うことがなくなります。これを 「登録先ホストへの仮想マシンの固定化」 と言います。

注:

クラスタの EVC (Enhanced vMotion Compatibility) を有効にしていない場合、フォールト トレランス対応の仮想マシンは DRS を無効に設定します。画面には表示されますが、自動化モードを割り当てることはできません。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、クラスタを参照して移動します。
  2. 管理 タブをクリックして、設定 をクリックします。
  3. [サービス] メニューの [vSphere DRS] を選択し、[編集] をクリックします。[DRS 自動化] を展開します。
  4. 各仮想マシンの自動化レベルを有効にする チェック ボックスを選択します。
  5. 個々の仮想マシンのオーバーライドを一時的に無効にするには、各仮想マシンの自動化レベルを有効にする チェック ボックスを選択解除します。

    チェック ボックスをもう一度選択すると、仮想マシンの設定は元に戻ります。

  6. クラスタ内のすべての vMotion アクティビティを一時的にサスペンドするには、クラスタを手動モードに切り替え、各仮想マシンの自動化レベルを有効にする チェック ボックスを選択解除します。
  7. 1 つ以上の仮想マシンを選択します。
  8. 自動化レベル 列をクリックし、ドロップダウン メニューから自動化レベルを選択します。

    オプション

    説明

    手動

    配置と移行の推奨が表示されますが、推奨が手動で適用されるまで実行はされません。

    完全自動化

    配置と移行の推奨が自動的に実行されます。

    一部自動化

    初期配置が自動的に実行されます。移行の推奨は表示されますが、実行はされません。

    無効

    vCenter Server では、仮想マシンの移行や、移行のための推奨は行われません。

  9. OK をクリックします。

タスクの結果

注:

ほかの当社製品または機能 (vSphere vApp および vSphere Fault Tolerance など) が、DRS クラスタ内の仮想マシンの自動化レベルをオーバーライドする場合があります。詳細については、個別の製品ドキュメントを参照してください。