ストレージ DRS 非アフィニティ ルールを作成して、データストア クラスタ内の同じデータストアに配置すべきではない仮想ディスクを指定することができます。デフォルトでは、仮想マシンの仮想ディスクはすべて、同じデータストア内で格納されます。

非アフィニティ ルールを作成すると、データストア クラスタ内の関連する仮想ディスクに適用されます。非アフィニティ ルールは初期配置およびストレージ DRS 推奨による移行の際に適用されますが、移行がユーザーによって開始される場合は適用されません。

注:

非アフィニティ ルールは、データストア クラスタ内のデータストアに保存された CD-ROM ISO イメージ ファイルには適用されず、ユーザー定義の場所に保存されたスワップファイルにも適用されません。

仮想マシン間の非アフィニティ ルール

どの仮想マシンを同じデータストアに格納できないようにするかを指定します。仮想マシン間非アフィニティ ルールの作成 を参照してください。

仮想マシン内の非アフィニティ ルール

特定の仮想マシンに関連付けられた仮想ディスクのうち、どの仮想ディスクを別のデータストアに格納すべきかを指定します。仮想マシン内非アフィニティ ルールの作成 を参照してください。

仮想ディスクをデータストア クラスタから除外すると、アフィニティ ルールまたは非アフィニティ ルールはそのディスクに適用されなくなります。

既存のアフィニティ ルールまたは非アフィニティ ルールのあるデータストア クラスタに仮想ディスク ファイルを移動する場合、以下の動作が適用されます。

  • データストア クラスタ B に仮想マシン内のアフィニティ ルールがある場合。仮想ディスクをデータストア クラスタ A からデータストア クラスタ B に移動すると、データストア クラスタ A 内の特定の仮想マシンの仮想ディスクに適用されていたルールは適用されなくなります。仮想ディスクは、データストア クラスタ B 内の仮想マシン内のアフィニティ ルールの対象となります。

  • データストア クラスタ B に仮想マシン間の非アフィニティ ルールがある場合。仮想ディスクをデータストア クラスタ A からデータストア クラスタ B に移動すると、データストア クラスタ A 内の特定の仮想マシンの仮想ディスクに適用されていたルールは適用されなくなります。仮想ディスクは、データストア クラスタ B 内の仮想マシン間の非アフィニティ ルールの対象となります。

  • データストア クラスタ B に仮想マシン内の非アフィニティ ルールがある場合。仮想ディスクをデータストア クラスタ A からデータストア クラスタ B に移動すると、ルールがデータストア クラスタ B 内の指定の仮想ディスクのみを対象とするため、データストア クラスタ B 内の仮想マシン内の非アフィニティ ルールは特定の仮想マシンの仮想ディスクに適用されません。

注:

ストレージ DRS ルールにより、データストアがメンテナンス モードを開始できなくなる可能性があります。[メンテナンスするアフィニティ ルールが無視します] オプションを有効にすると、メンテナンス モードのためにストレージ DRS ルールを無視できます。