vSphere Certificate Manager ユーティリティを使用して、すべての証明書をカスタム証明書に置き換えることができます。プロセスを始める前に、CA に CSR を送信する必要があります。Certificate Manager を使用して CSR を生成できます。

このタスクについて

マシン SSL 証明書のみを置き換えて、VMCA によってプロビジョニングされたソリューション ユーザー証明書を使用することもできます。ソリューション ユーザー証明書は、vSphere コンポーネント間の通信にのみ使用されます。

カスタム証明書を使用する場合、カスタム証明書で環境に追加する各ノードをプロビジョニングする必要があります。VMCA では引き続き VMCA 署名付き証明書がプロビジョニングされるため、ユーザーがこれらの証明書を置き換える必要があります。手動による証明書の置き換えには、vSphere Certificate Manager ユーティリティを使用するか CLI を使用できます。証明書は VECS に保存されます。