未使用の表示機能は、悪意のあるコードを使用環境に挿入するための媒介として攻撃者に利用される可能性があります。使用環境で使用されていない機能は無効にしてください。

手順

  1. vSphere Web Client インベントリで仮想マシンを検索します。
    1. データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、またはホストを選択します。
    2. 関連オブジェクト タブで、仮想マシン をクリックします。
  2. 仮想マシンを右クリックし、設定の編集 をクリックします。
  3. 仮想マシン オプション を選択します。
  4. 詳細 をクリックして、構成の編集... をクリックします。
  5. 必要に応じて、次のパラメータを追加または編集して設定します。

    オプション

    説明

    svga.vgaonly

    このパラメータを TRUE に設定すると、高度なグラフィック機能が動作しなくなります。文字セル コンソール モードのみを使用できます。この設定を使用する場合、mks.enable3d は無効になります。

    注:

    仮想化ビデオ カードを必要としない仮想マシンにのみこの設定を適用します。

    mks.enable3d

    3D 機能を必要とない仮想マシンでこのパラメータを FALSE に設定します。