NFS クライアントのファイアウォール ルール セットの動作は、他の ESXi ファイアウォール ルール セットとは異なります。ESXi では、NFS データストアをマウントまたはアンマウントするときに NFS クライアント設定が構成されます。動作は、NFS のバージョンによって異なります。

NFS データストアの追加、マウント、アンマウントを行ったときの動作は、NFS のバージョンによって異なります。

NFS v3 ファイアウォールの動作

NFS v3 データストアを追加またはマウントする際、ESXi は、NFS クライアント (nfsClient) のファイアウォール ルール セットの状態を確認します。

  • nfsClient のルール セットが無効な場合、ESXi はこのルール セットを有効にし、allowedAll フラグを FALSE に設定することで、すべての IP アドレスを許可するポリシーを無効にします。NFS サーバの IP アドレスが発信 IP アドレスの許可リストに追加されます。

  • nfsClient のルール セットが有効な場合、ルール セットの状態と、許可される IP アドレスのポリシーは変更されません。NFS サーバの IP アドレスが発信 IP アドレスの許可リストに追加されます。

注:

nfsClient のルール セットを手動で有効にするか、すべての IP アドレスを許可するポリシーを手動で設定すると、NFS v3 データストアをシステムに追加する前または後で、以前の NFS v3 データストアがアンマウントされる際に設定がオーバーライドされます。すべての v3 NFS データストアがアンマウントされると、nfsClient のルール セットは無効になります。

NFS v3 データストアを削除またはアンマウントすると、ESXi によって次のいずれかの操作が実行されます。

  • 残りの NFS v3 データストアのいずれもアンマウントされるデータストアのサーバからマウントされない場合、ESXi はサーバの IP アドレスを発信 IP アドレスのリストから削除します。

  • アンマウント操作後にマウントされている NFS v3 データストアが残っていない場合、ESXi は、nfsClient ファイアウォール ルール セットを無効にします。

NFS v4.1 ファイアウォールの動作

最初の NFS v4.1 データストアをマウントすると、ESXinfs41client のルール セットを有効にし、allowedAll フラグを TRUE に設定します。この操作により、すべての IP アドレスに対してポート 2049 が開きます。NFS v4.1 データストアをアンマウントしても、ファイアウォールの状態には影響しません。つまり、最初の NFS v4.1 のマウントでポート 2049 が開き、そのポートは、明示的に閉じられない限り、有効な状態を維持します。