自動化された Tools のアップグレードなどの特定の操作では、Host Guest File System (HGFS) と呼ばれるハイパーバイザー内のコンポーネントを使用します。高セキュリティ環境では、攻撃者が HGFS を使用してゲスト OS 内のファイルを転送するリスクを最小限に抑えるために、このコンポーネントを無効にすることができます。

手順

  1. vSphere Web Client インベントリで仮想マシンを検索します。
    1. データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、またはホストを選択します。
    2. 関連オブジェクト タブで、仮想マシン をクリックします。
  2. 仮想マシンを右クリックし、設定の編集 をクリックします。
  3. 仮想マシン オプション を選択します。
  4. 詳細 をクリックして、構成の編集... をクリックします。
  5. isolation.tools.hgfsServerSet.disable パラメータが TRUE に設定されていることを確認します。

タスクの結果

この変更を行うと、VMX プロセスは、Tools プロセスからのコマンドに応答しなくなります。ゲスト OS とのファイルの転送に HGFS を使用する API (一部の VIX コマンドや VMware Tools 自動アップグレード ユーティリティなど)は機能しなくなります。