仮想マシンから VMX ファイルへの情報メッセージを制限して、データストアがいっぱいになりサービス拒否 (DoS) が発生することを防ぎます。サービス拒否は、仮想マシンの VMX ファイルのサイズが管理されておらず、情報量がデータストアの容量を超えた場合に発生します。

このタスクについて

情報としての名前と値のペアを含む構成ファイルのサイズは、デフォルトでは 1MB に制限されています。ほとんどの場合この容量で十分ですが、必要に応じてこの値を変更できます。たとえば、構成ファイルに大量のカスタム情報が格納されている場合、この制限値を増やすことができます。

注:

必要な情報の量を慎重に検討してください。情報の量がデータストアの容量を超えると、サービス拒否が発生する可能性があります。

デフォルト制限値の 1 MB は、詳細オプションのリストに tools.setInfo.sizeLimit パラメータが含まれていない場合でも適用されます。

手順

  1. vSphere Web Client インベントリで仮想マシンを検索します。
    1. データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、またはホストを選択します。
    2. 関連オブジェクト タブで、仮想マシン をクリックします。
  2. 仮想マシンを右クリックし、設定の編集 をクリックします。
  3. 仮想マシン オプション を選択します。
  4. 詳細 をクリックして、構成の編集... をクリックします。
  5. tools.setInfo.sizeLimit パラメータを追加または編集します。