vService 権限は、仮想マシンおよび vApps に対する vService 依存関係の作成、構成、および更新のための機能を制御します。

この権限は、階層内の異なるレベルで設定できます。たとえば、フォルダ レベルで権限を設定した場合、その権限をフォルダ内の 1 つ以上のオブジェクトに伝達できます。[必要とするオブジェクト] 列に示されるオブジェクトには、直接または継承のいずれか方法で権限が設定されている必要があります。

表 1. vService

権限名

説明

必要とするオブジェクト

vService > 依存関係の作成

仮想マシンまたは vApp から vService 依存関係を作成できるようにします。

vApp および仮想マシン

vService > 依存関係の破棄

仮想マシンまたは vApp から vService 依存関係を削除できるようにします。

vApp および仮想マシン

vService > 依存関係構成の再構成

プロバイダまたはバインドを更新するために依存関係を再構成できるようにします。

vApp および仮想マシン

vService > 依存関係の更新

名前または説明を構成するために依存関係を更新できるようにします。

vApp および仮想マシン