環境内でサードパーティ証明書を使用する場合は、信頼できるルート証明書を証明書ストアに追加する必要があります。

始める前に

サードパーティまたは社内の認証局 (CA) からカスタム ルート証明書を取得します。

手順

  1. Web ブラウザで次の URL を指定して Platform Services Controller に接続します。

    https://psc_hostname_or_IP/psc

    組み込みデプロイでは、Platform Services Controller のホスト名または IP アドレスは vCenter Server のホスト名または IP アドレスと同じです。

  2. administrator@vsphere.local または vCenter Single Sign-On 管理者グループの別のメンバーのユーザー名とパスワードを指定します。

    インストール時に異なるドメインを指定した場合は、administrator@mydomain としてログインします。

  3. [証明書] で、証明書の管理 を選択し、Platform Services Controller の IP アドレスまたはホスト名と、ローカル ドメインの管理者(デフォルトでは administrator@vsphere.local)のユーザー名とパスワードを指定し、送信 をクリックします。
  4. 信頼できるルート証明書 を選択し、証明書の追加 をクリックします。
  5. 参照 をクリックし、証明書チェーンの配置場所を選択します。

    CER、PEM、または CRT の各ファイル タイプを使用できます。

次のタスク

マシンの SSL 証明書と、必要に応じてソリューション ユーザー証明書をこの認証局の署名付き証明書と置き換えます。