vSphere Certificate Manager ユーティリティを使用すると、ほとんどの証明書管理タスクをコマンド ラインから対話形式で実行することができます。vSphere Certificate Manager では、実行するタスクや証明書の場所などの情報を入力する画面が必要に応じて表示され、その後サービスがいったん停止されてから起動され、証明書が置き換えられます。

vSphere Certificate Manager を使用する場合、ユーザーが VECS(VMware Endpoint 証明書ストア)に証明書を配置したり、サービスの起動と停止を行う必要はありません。

vSphere Certificate Manager を実行する前に、必ず置き換えプロセスについて理解すると共に、使用する証明書を入手してください。

注意:

vSphere Certificate Manager では、1 レベルの取り消しがサポートされます。vSphere Certificate Manager を 2 回実行し、誤って環境を壊したことに気付いた場合、2 回の実行のうちの最初の実行は取り消すことができません。

このツールは、次に示すようにコマンド ラインで実行できます。

Windows

C:\Program Files\VMware\vCenter Server\vmcad\certificate-manager.bat

Linux

/usr/lib/vmware-vmca/bin/certificate-manager