Update Manager ポート 9087 の TLS バージョンを無効にして問題が発生した場合、バージョンを再度有効にすることができます。このプロセスはポート 8084 を有効にする場合と異なります。

このタスクについて

以前のバージョンの TLS を再度有効にすると、セキュリティに影響します。

手順

  1. vSphere Update Manager サービスを停止します。
  2. 6.0 と 6.5 で異なる Update Manager インストール ディレクトリに移動します。

    バージョン

    場所

    vSphere 6.0

    C:\Program Files (x86)\VMware\Infrastructure\Update Manager

    vSphere 6.5

    C:\Program Files\VMware\Infrastructure\Update Manager

  3. jetty-vum-ssl.xml ファイルのバックアップを作成し、ファイルを開きます。
  4. 有効にする TLS プロトコルのバージョンに対応する TLS タグを削除します。

    たとえば、TLSv1.1 を有効にするには、jetty-vum-ssl.xml ファイルの <Item>TLSv1.1</Item> を削除します。

  5. ファイルを保存します。
  6. vSphere Update Manager サービスを再起動します。