vCenter Server を使用せずに、クライアントを ESXi ネットワークに直接接続できます。

vCenter Server を使用せずに構成したネットワークは、vSphere Client、いずれかの vSphere コマンドライン インターフェイス、vSphere Web Services SDK、またはサードパーティ クライアントを介して通信を受信します。ほとんどの箇所では、ファイアウォールの必要性は vCenter Server が存在する場合と同じですが、重要な相違点がいくつかあります。

  • vCenter Server が含まれている構成と同様に、ESXi レイヤー、または構成によっては、クライアントと ESXi レイヤーを保護するようにファイアウォールを設定する必要があります。このファイアウォールは、ネットワークに基本的な保護を提供します。

  • このような構成でのライセンスは、各ホストにインストールする ESXi パッケージの一部です。ライセンスはサーバに常駐するので、個別のライセンス サーバは必要はありません。このため、ライセンス サーバと ESXi ネットワーク間にファイアウォールは必要ありません。

ファイアウォールのポートは、ESXCLI を使用するか、vSphere Client を使用するか、またはファイアウォール ルールを使用して構成できます。ESXi ファイアウォールの構成 を参照してください。