Auto Deploy の権限により、Auto Deploy のルールでさまざまなタスクを実行できるユーザーと、ホストを関連付けることができるユーザーを制御します。Auto Deploy の権限により、イメージ プロファイルを作成または編集することができるユーザーを制御することもできます。

次の表では、Auto Deploy のルールおよびルール セットを管理できるユーザーおよびイメージ プロファイルを作成および編集できるユーザーを判別する権限について説明します。vSphere のインストールとセットアップ を参照してください。

この権限は、階層内の異なるレベルで設定できます。たとえば、フォルダ レベルで権限を設定した場合、その権限をフォルダ内の 1 つ以上のオブジェクトに伝達できます。[必要とするオブジェクト] 列に示されるオブジェクトには、直接または継承のいずれか方法で権限が設定されている必要があります。

表 1. Auto Deploy の権限

権限名

説明

必要とするオブジェクト

Auto Deploy > ホスト > マシンの関連付け

ユーザーがマシンとホストを関連付けることができます。

vCenter Server

Auto Deploy > イメージ プロファイル > 作成

イメージ プロファイルを作成できます。

vCenter Server

Auto Deploy > イメージ プロファイル > 編集

イメージ プロファイルを編集できます。

vCenter Server

Auto Deploy > ルール > 作成

Auto Deploy のルールを作成できます。

vCenter Server

Auto Deploy > ルール > 削除

Auto Deploy のルールを削除できます。

vCenter Server

Auto Deploy > ルール > 編集

Auto Deploy のルールを編集できます。

vCenter Server

Auto Deploy > ルールセット > 有効化

Auto Deploy のルール セットを有効にできます。

vCenter Server

Auto Deploy > ルールセット > 編集

Auto Deploy のルール セットを編集できます。

vCenter Server