NFS ストレージを使用する場合、次の固有の構成、ネットワーク、および NFS データストア ガイドラインに従う必要があります。

NFS サーバ構成ガイドライン

  • 使用する NFS サーバが『VMware HCL』に記載されていることを確認します。サーバ ファームウェアの正しいバージョンを使用します。

  • NFS ストレージを構成する場合、ストレージ ベンダーの推奨事項に従います。

  • NFS ボリュームが NFS over TCP を使用してエクスポートされていることを確認します。

  • NFS サーバが NFS 3 または NFS 4.1 として特定の共有をエクスポートするが、同じ共有に両方のプロトコル バージョンを提供していないことを確認します。ESXi では、異なる NFS バージョンで同じ共有をマウントできるため、サーバでこのポリシーを適用する必要があります。

  • NFS 3 および非 Kerberos NFS 4.1 は、root 以外の認証情報を使用して NFS ボリュームにアクセスできるようにするデリゲート ユーザー機能をサポートしていません。NFS 3 または非 Kerberos NFS 4.1 を使用する場合、各ホストにボリュームへの root アクセス権があることを確認します。この機能を有効にする方法はストレージ ベンダーごとに異なりますが、NAS サーバで no_root_squash オプションを使用して行う方法が一般的です。NAS サーバから root アクセス権が付与されていない場合でも、NFS データストアをホストにマウントできます。ただし、そのデータストア上に仮想マシンを作成することはできません。

  • ファイルが格納される基盤となる NFS ボリュームが読み取り専用の場合は、そのボリュームが NFS サーバによって読み取り専用の共有としてエクスポートされていることを確認するか、そのボリュームを ESXi ホスト上の読み取り専用のデータストアとして構成します。それ以外の場合、ホストはデータストアが読み取り/書き込み可能であると認識し、ファイルを開くことができない可能性があります。

NFS ネットワーク ガイドライン

  • ネットワーク接続するには、ホストで標準ネットワーク アダプタが必要です。

  • ESXi は、レイヤー 2 およびレイヤー 3 ネットワーク スイッチをサポートしています。レイヤー 3 スイッチを使用する場合、ESXi ホストと NFS ストレージ アレイのサブネットは異なっている必要があり、ネットワーク スイッチでルーティング情報を処理する必要があります。

  • NFS ストレージには VMkernel ポート グループが必要です。すでに存在している仮想スイッチ (vSwitch) に、または新しい vSwitch の構成時に IP ストレージの新しい VMkernel ポート グループを作成できます。vSwitch は、vSphere 標準スイッチ (VSS) または vSphere Distributed Switch (VDS) になります。

  • NFS トラフィックに複数のポートを使用する場合、仮想スイッチと物理スイッチを正しく構成していることを確認します。詳細については、『vSphere ネットワーク』ドキュメントを参照してください。

  • NFS 3 と非 Kerberos NFS 4.1 は、IPv4 と IPv6 をサポートします。

NFS データストア ガイドライン

  • NFS 4.1 を使用するには、vSphere 環境をバージョン 6.x にアップグレードします。バージョン 4.1 をサポートしていないホストに NFS 4.1 データストアをマウントすることはできません。

  • 異なる NFS バージョンを使用して、同じデータストアをマウントすることはできません。NFS 3 クライアントと NFS 4.1 クライアントで使用するロック プロトコルは異なります。そのため、互換性のない 2 つのクライアントから同じ仮想ディスクにアクセスすると、不適切な動作やデータの破損が発生する可能性があります。

  • NFS 3 と NFS 4.1 のデータストアは同じホスト上に共存できます。

  • vSphere は、NFS バージョン 3 からバージョン 4.1 へのデータストアのアップグレードをサポートしていません。

  • 異なるホスト上で同じ NFS 3 ボリュームをマウントする場合、サーバ名とフォルダ名がホスト間で同一であることを確認してください。名前が一致しない場合、ホストは同じ NFS バージョン 3 ボリュームを 2 つの異なるデータストアと見なします。このエラーによって、vMotion などの機能が失敗する場合があります。たとえば、1 つのホストでサーバ名を「filer」と入力し、別のホストで「filer.domain.com」と入力した場合に、このような不一致が見られます。このガイドラインは NFS バージョン 4.1 には適用されません。

  • ASCII 以外の文字を使用してデータストアと仮想マシンに命名する場合には、基盤となる NFS サーバが国際化サポートを提供することを確認します。サーバが国際文字をサポートしない場合には、ASCII 文字のみを使用します。そうでないと、予測できない障害が発生する場合があります。