I/O フィルタを使用している仮想マシンを移行する場合には、特定の考慮事項が適用されます。

Storage vMotion を使用して I/O フィルタを用いる仮想マシンを移行する場合は、ターゲット データストアが、互換性のある I/O フィルタがインストールされているホストに接続されている必要があります。

I/O フィルタを使用している仮想マシンを、たとえば VMFS と仮想ボリューム間、VMFS と Virtual SAN 間というように、タイプの異なるデータストア間で移行しなければならない場合があります。この場合は、I/O フィルタ ポリシーを記述する共通ルールに加え、仮想マシン ストレージ ポリシーに、使用するすべてのタイプのデータストアのルール セットが含まれていることを確認します。たとえば、VMFS と仮想ボリュームのデータストア間で仮想マシンを移行する場合は、以下を含む混合仮想マシン ストレージ ポリシーを作成します。

  • I/O フィルタの共通ルール

  • VMFS データストアのルール セット 1。ストレージ ポリシー ベース管理では明示的な VMFS ポリシーを提供していないため、このルール セットに VMFS データストアのタグベースのルールを含める必要があります。

  • 仮想ボリューム データストアのルール セット 2

Storage vMotion では仮想マシンを移行する際に、ターゲット データストアに対応した正しいルール セットが選択されます。I/O フィルタ ルールは変更されません。

データストアのルールを指定せずに、I/O フィルタの共通ルールだけを定義すると、Virtual SAN、仮想ボリューム、VMFS/NFS のデータストアにはデフォルトのストレージ ポリシーが選択されます。