構成済みのコア ダンプ ファイルを無効化し、必要に応じて、VMFS データストアから削除します。

始める前に

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。vSphere Command-Line Interface スタート ガイド を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

このタスクについて

一時的にコア ダンプ ファイルを無効化することができます。無効化したファイルを使用する予定がない場合、VMFS データストアから削除できます。無効化されていないファイルを削除するには、system coredump file remove--force | -F オプションとともに使用します。

手順

  1. 次のコマンドを実行して、コア ダンプ ファイルを無効化します。

    esxcli system coredump file set --unconfigure | -u

  2. ファイルを VMFS データストアから削除します。

    system coredump file remove --file | -f file_name

    このコマンドには次のオプションがあります。

    オプション

    説明

    --file | -f

    削除するダンプ ファイルのファイル名を指定します。ファイル名を指定しないと、構成済みのコア ダンプ ファイルが削除されます。

    --force | -F

    削除するダンプ ファイルを無効化し、構成解除します。このオプションは、ファイルが今までに無効化されておらず、アクティブな場合に必要です。

タスクの結果

コア ダンプ ファイルは無効になり、VMFS データストアから削除されます。