Flash Read Cache™ を使うと、ホスト上のフラッシュ デバイスをキャッシュとして使用するため、仮想マシンのパフォーマンスを向上できます。

各仮想ディスクに Flash Read Cache を予約できます。Flash Read Cache は、仮想マシンがパワーオンになったときにのみ作成され、仮想マシンがサスペンド状態またはパワーオフ状態になると破棄されます。仮想マシンを移行するときには、キャッシュを移行するオプションがあります。デフォルトでは、ソースおよびターゲット ホストの仮想フラッシュ モジュールに互換性があればキャッシュは移行されます。キャッシュを移行しない場合、キャッシュはターゲット ホストでリウォームされます。仮想マシンがパワーオンされている間はキャッシュのサイズを変更できます。このインスタンスでは、既存のキャッシュが破棄され、新しいライトスルー キャッシュが作成され、キャッシュのウォーム アップ期間となります。新しいキャッシュを作成するメリットは、キャッシュのサイズがアプリケーションのアクティブ データと良く一致することです。

Flash Read Cache は、ライトスルーまたは読み取りキャッシュをサポートしています。ライト バックまたは書き込みキャッシュはサポートされていません。キャッシュがある場合には、データの読み取りはキャッシュから実行されます。データの書き込みは SAN または NAS などのバッキング ストレージにディスパッチされます。バッキング ストレージから読み取り、またはバッキング ストレージに書き込みされるすべてのデータは、無条件にキャッシュに格納されます。

Flash Read Cache は物理互換の RDM をサポートしていません。仮想互換の RDM は Flash Read Cache でサポートされています。

Flash Read Cache の詳細については、ビデオをご覧ください。

注:

すべてのワークロードで Flash Read Cache によるメリットがあるわけではありません。パフォーマンスがどの程度向上するかは、ワークロードのパターンと作業セットのサイズによって異なります。読み取りを多用するワークロードにキャッシュに合わせた作業セットを組み合わせると、Flash Read Cache 構成のメリットを最大限に生かすことができます。読み取りを多用するワークロードに Flash Read Cache を構成することにより、追加の I/O リソースが共有ストレージで使用可能になり、Flash Read Cache を使用しない構成の他のワークロードでもパフォーマンスの向上が期待できます。