仮想ボリューム環境を構成するには、一連の手順を実行する必要があります。

始める前に

仮想ボリュームを有効化する前にのガイドラインに従います。

次のタスク

これで、仮想データストアに仮想マシンをプロビジョニングできます。仮想マシンの作成の詳細については、『vSphere 仮想マシン管理』のドキュメントを参照してください。

トラブルシューティングの詳細については、『vSphere トラブルシューティング』ドキュメントを参照してください。