仮想ボリューム機能により、データストア内部の領域の管理から、ストレージ アレイで処理される抽象的なストレージ オブジェクトの管理へとストレージ管理のパラダイムが変わります。仮想ボリュームを使用すると、ストレージ管理の単位はデータストアではなく個々の仮想マシンになりますが、仮想ディスクのコンテンツ、レイアウト、および管理はストレージ ハードウェアで完全に制御されます。

これまで、vSphere のストレージ管理では、データストアを中心としたアプローチを行ってきました。このアプローチの場合、ストレージ管理者と vSphere 管理者は、仮想マシンの基盤となるストレージ要件について事前に話し合います。その後、ストレージ管理者は、LUN または NFS 共有を設定し、ESXi ホストに提供します。vSphere 管理者は、LUN または NFS に基づいてデータストアを作成し、これらのデータストアを仮想マシン ストレージとして使用します。通常、ストレージの観点からデータを管理する最小の精度レベルは、データストアになります。ただし、1 つのデータストアに、要件の異なる複数の仮想マシンが含まれる場合があります。従来のアプローチでは、仮想マシン レベルごとに区別することは困難です。

仮想ボリューム機能では、ストレージ管理への新しいアプローチを提供することで、精度が向上し、アプリケーション レベルごとに仮想マシン サービスを区別できます。仮想ボリュームでは、ストレージ システムの機能に基づいてストレージを配置するのではなく、個々の仮想マシンのニーズに基づいてストレージを配置します。これにより、ストレージ仮想マシンが中心となります。

仮想ボリュームでは、仮想ディスクとその派生ディストリビューション、クローン、スナップショット、およびレプリカが、ストレージ システムの仮想ボリュームと呼ばれるオブジェクトに直接マップされます。このマッピングにより、vSphere はスナップショット、クローン作成、およびレプリケーションなどの大量のストレージ操作の負荷をストレージ システムに移すことができます。

仮想ディスクごとにボリュームを作成することで、最適なレベルでポリシーを設定できます。アプリケーションのストレージ要件を事前に決定し、これらの要件に基づいて適切な仮想ディスクを作成できるように、要件をストレージ システムに通知することができます。たとえば、仮想マシンにアクティブ-アクティブ ストレージ アレイが必要な場合、アクティブ-アクティブ モデルをサポートするデータストアを選択する必要はありません。代わりに、アクティブ-アクティブ アレイに自動的に配置される個々の仮想ボリュームを作成します。