仮想データストアと互換性のある仮想マシン ストレージ ポリシーを作成できます。

始める前に

Virtual Volumes ストレージ プロバイダを使用できることと、アクティブであることを確認します。仮想ボリュームのストレージ プロバイダの登録を参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client のホーム ページで、ポリシーおよびプロファイル > 仮想マシン ストレージ ポリシー をクリックします。
  2. 仮想マシン ストレージ ポリシーを新規作成します アイコンをクリックします。
  3. vCenter Server インスタンスを選択します。
  4. ストレージ ポリシーの名前と説明を入力して、次へ をクリックします。
  5. [ルール セット] ページで、データ サービスに基づくルール ドロップダウン メニューから Virtual Volumes ストレージ プロバイダを選択します。

    ページが展開され、Virtual Volumes ストレージ リソースによって提供されるデータ サービスが表示されます。

  6. 含めるデータ サービスを選択し、その値を指定します。

    指定する値が、Virtual Volumes プロファイルによって通知される値の範囲内であることを確認します。

    ストレージ消費量メカニズムによって、仮想データストアに配置される仮想ディスクに必要な容量が入力に基づいて計算されます。

  7. ストレージ ポリシーの作成を完了させて、終了 をクリックします。

タスクの結果

Virtual Volumes と互換性のある新しい仮想マシン ストレージ ポリシーがリストに表示されます。

次のタスク

これで、このポリシーを仮想マシンに関連付けたり、デフォルトとしてポリシーを指定したりできます。