共通ルールは、すべてのタイプのストレージ用の一般的なデータ サービスに基づいており、データストアには依存しません。これらの追加サービスは、vSphere APIs for I/O Filtering を介して開発されたサードパーティ製 I/O フィルタをインストールすると、仮想マシン ストレージ ポリシー インターフェイスで使用可能になります。これらのデータ サービスは、仮想マシン ストレージ ポリシー内で参照できます。

ストレージ固有のルールとは異なり、共通ルールは仮想マシンのストレージの配置やストレージ要件を定義するものではなく、I/O フィルタなどの追加のデータ サービスを仮想マシンで使用可能にします。使用可能になったフィルタは、仮想マシンが稼働しているデータストアに関係なく、次のサービスを提供できます。

  • キャッシュ。仮想ディスク データのキャッシュを構成します。このフィルタは、ローカル キャッシュまたはフラッシュ ストレージ デバイスを使用してデータをキャッシュでき、仮想ディスクの IOPS(1 秒あたりの I/O 処理数)やハードウェア使用率を増やすことができます。

  • レプリケーション。仮想マシンまたは仮想ディスクを、別のホストやクラスタなどの外部ターゲットにレプリケートします。

I/O フィルタの詳細については、仮想マシン I/O のフィルタリングを参照してください。