環境内で I/O フィルタを使用する場合は、具体的なガイドラインとベスト プラクティスに従ってください。

  • I/O フィルタは物理互換モードの RDM はサポートしません。

  • フラッシュ読み取りキャッシュとキャッシュ I/O フィルタは相互排他の関係にあります。これは、いずれの機能もホストの仮想フラッシュ リソースを使用するためです。キャッシュ I/O フィルタが設定された仮想ディスクではフラッシュ読み取りキャッシュを有効にすることはできません。同様に、仮想マシンにフラッシュ読み取りキャッシュが設定されている場合は、キャッシュ I/O フィルタを使用することはできません。

  • 仮想マシンの移行またはクローン作成を行うときに、I/O フィルタ ポリシーの変更または割り当てを行うことはできません。

  • I/O フィルタ ポリシーが設定された仮想マシンのクローン作成や移行を行う場合は、互換性のあるフィルタがターゲット ホストにインストールされている必要があります。この要件は、管理者、または HADRS などの機能によって開始される移行に適用されます。

  • テンプレートを仮想マシンに変換する場合、そのテンプレートに I/O フィルタ ポリシーが設定されているときには、互換性のある I/O フィルタがターゲット ホストにインストールされている必要があります。

  • vCenter Site Recovery Manager を使用して仮想ディスクをレプリケートする場合、リカバリ サイト上に生成されるディスクに I/O フィルタ ポリシーは含まれません。リカバリ サイトで I/O フィルタ ポリシーを作成し、レプリケートされたディスクにポリシーを追加する必要があります。

  • 仮想マシンにスナップショット ツリーが関連付けられている場合、その仮想マシンの I/O フィルタの追加、変更、または削除を行うことはできません。

I/O フィルタのトラブルシューティングの詳細については、『vSphere トラブルシューティング』のドキュメントを参照してください。