vSphere 環境に I/O フィルタをインストールすると、フィルタが提供する機能およびデータ サービスに登録され、仮想マシン ストレージ ポリシー インターフェイスに表れます。これらのサービスと機能およびそのデフォルト値を確認できます。

手順

  1. vSphere Web Client のホーム ページで、ポリシーおよびプロファイル > 仮想マシン ストレージ ポリシー をクリックします。
  2. 仮想マシン ストレージ ポリシーを新規作成します アイコンをクリックします。
  3. vCenter Server インスタンスを選択します。
  4. 「キャッシュ I/O フィルタ」などの名前およびポリシーの説明を入力して、次へ をクリックします。
  5. [共通ルール] ページで ストレージ ポリシーでの共通ルールの使用 を選択します。
  6. ルールの追加 ドロップダウン メニューから、キャッシュなど I/O フィルタのカテゴリを選択します。
  7. 値の選択 ドロップダウン メニューから、機能を確認するフィルタを選択します。

    パネルが展開され、I/O フィルタが提供するデータ サービスおよび対応するデフォルト値が表示されます。