VMFS データストアを使用して LUN をフォーマットする場合は、まず ESXi システムのストレージのセットアップ方法を検討する必要があります。

LUN を決定するとき、次の点を考慮してください。

  • 各 LUN には、その LUN を使用する仮想マシンで実行されるアプリケーションに適した RAID レベルとストレージ特性が必要です。

  • 各 LUN に含めることができる VMFS データストアは 1 つだけです。

  • 複数の仮想マシンが同じ VMFS にアクセスする場合、ディスク シェアを使用して仮想マシンに優先順位を付けます。

少数の大きな LUN を設定すると、次のようなメリットがあります。

  • 仮想マシンをより柔軟に作成でき、ストレージ管理者にディスク領域の拡張を依頼する必要がありません。

  • 仮想ディスクのサイズ変更、スナップショットの操作などをより柔軟に実行できます。

  • 管理する VMFS データストアの数が少なくなります。

多数の小さな LUN を設定すると、次のようなメリットがあります。

  • 無駄になるストレージ領域が減ります。

  • アプリケーションが異なると、必要な RAID 特性が異なる場合があります。

  • マルチパス ポリシーやディスク共有を LUN ごとに設定すると、より柔軟性が高くなります。

  • Microsoft Cluster Service を使用する場合、各クラスタ ディスク リソースが専用 LUN に存在する必要があります。

  • 1 つのボリュームに対する競合が緩和されるのでパフォーマンスが向上します。

仮想マシンのストレージ特性がわからないときは、プロビジョニングする LUN の数とサイズを決定する単純な方法は通常ありません。予測型スキームや適合型スキームで試行できます。