ソフトウェア iSCSI アダプタおよび依存型ハードウェア iSCSI アダプタを使用する場合、検出アドレスまたは静的ターゲットごとに異なる CHAP 証明書を構成できます。

始める前に

  • ソフトウェア iSCSI または依存型ハードウェア iSCSI の CHAP パラメータを設定する前に、一方向 CHAP を構成するか、双方向 CHAP を構成するかを決めます。

  • ストレージ側で構成された CHAP パラメータを確認します。構成するパラメータは、ストレージ側のものと一致している必要があります。

  • ストレージ アダプタにアクセスします。

  • 必要な権限:ホスト > 構成 > ストレージ パーティション構成

このタスクについて

CHAP 名は英数字で 511 文字以内に、CHAP シークレットは英数字で 255 文字以内にしてください。

手順

  1. 構成する iSCSI アダプタを選択し、[アダプタの詳細] の ターゲット タブをクリックします。
  2. 動的検出 または 静的検出 をクリックします。
  3. 使用可能なターゲットのリストから、構成するターゲットを選択し、認証 をクリックします。
  4. 親から継承 を選択解除し、認証方法を指定します。
    • なし

    • ターゲットによって要求されている場合は一方向 CHAP を使用する

    • ターゲットで禁止されていない場合は一方向 CHAP を使用する

    • 一方向 CHAP を使用する

    • 双方向 CHAP を使用する。双方向 CHAP を構成するには、このオプションを選択する必要があります。

  5. 発信 CHAP 名を指定します。

    指定する名前が、ストレージ側で構成した名前と一致するようにします。

    • iSCSI アダプタ名に CHAP 名を設定するには、イニシエータ名の使用 を選択します。

    • CHAP 名を iSCSI イニシエータ名以外の名前に設定するには、イニシエータ名の使用 を選択解除し、名前 テキスト ボックスに名前を入力します。

  6. 認証の一部として、使用する発信 CHAP シークレットを入力します。ストレージ側で入力するのと同じシークレットを使用してください。
  7. 双方向 CHAP を構成する場合は、受信する CHAP 証明書を指定します。

    発信 CHAP と受信 CHAP には、別々のシークレットを使用してください。

  8. OK をクリックします。
  9. iSCSI アダプタを再スキャンします。

タスクの結果

CHAP のパラメータを変更した場合、そのパラメータは新しい iSCSI セッションで使用されます。既存のセッションでは、ログアウトして再ログインするまで、新しい設定は使用されません。