iSCSI 起動プロセスを開始するには、ホスト上のネットワーク アダプタに、特別に構成された iSCSI 起動ファームウェアが必要です。ファームウェアを構成するとき、ネットワークと iSCSI のパラメータを指定し、アダプタで iSCSI 起動を有効にします。

このタスクについて

ネットワーク アダプタの構成には、動的構成と静的構成があります。動的構成を使用した場合、すべてのターゲットとイニシエータの起動パラメータが、DHCP を使用して取得されます。静的構成の場合、ホストの IP アドレスとイニシエータの IQN、およびターゲット パラメータなどのデータを手動で入力します。

手順

iSCSI からの起動に使用するネットワーク アダプタで、ネットワークと iSCSI パラメータを指定します。

ネットワーク アダプタの構成はベンダーによって異なるので、構成方法についてはベンダーのドキュメントを参照してください。