仮想ボリュームは、仮想マシンのファイル、仮想ディスク、およびその派生物をカプセル化したものです。

仮想ボリュームは、イーサネットまたは SAN を介して接続されているストレージ システムの内部にネイティブに格納されます。準拠ストレージ システムによってオブジェクトとしてエクスポートされ、ストレージ側のハードウェアによって全体的に管理されます。通常、仮想ボリュームは一意の GUID によって識別されます。仮想ボリュームは事前にプロビジョニングされませんが、仮想マシンの管理操作を実行するときに自動的に作成されます。これらの操作には、VM 作成、クローン作成、およびスナップショットの作成などがあります。ESXi および vCenter Server は、1 つ以上の仮想ボリュームを 1 つの仮想マシンに関連付けます。システムは、仮想マシンを構成するコア要素として、次のタイプの仮想ボリュームを作成します。

  • 各仮想ディスクの .vmdk ファイルに直接対応するデータ仮想ボリューム。仮想ディスク ファイルは従来のデータストア上にあるため、仮想ボリュームは仮想マシンに対して SCSI ディスクとして示されます。

  • 構成仮想ボリュームまたはホーム ディレクトリは、仮想マシンのメタデータ ファイルに含まれる小さいディレクトリを表します。ファイルには .vmx ファイル、仮想ディスクの記述子ファイル、ログ ファイルなどがあります。構成仮想ボリュームは、ファイル システムでフォーマットされます。ESXi が SCSI プロトコルを使用してストレージに接続されている場合、構成仮想ボリュームは VMFS でフォーマットされます。NFS プロトコルを持つ構成仮想ボリュームは、NFS ディレクトリとして表示されます。

クローン、スナップショット、レプリカなど、他の仮想マシンのコンポーネントおよび仮想ディスクの派生物用に、仮想ボリュームを追加で作成できます。これらの仮想ボリュームには、仮想マシン スワップ ファイルを保持するためのスワップ仮想ボリュームと、スナップショットの仮想マシン メモリの内容を保持する仮想メモリ ボリュームが含まれます。

異なる仮想マシン コンポーネントに対して異なる仮想ボリュームを使用することにより、最大限に細分化された精度レベルでストレージ ポリシーを適用および操作できます。たとえば、1 つの仮想ディスクを含む 1 つの仮想ボリュームには、仮想マシン 起動ディスクの仮想ボリュームよりも豊富なデータ サービスとパフォーマンス レベルのセットを含めることができます。同様に、スナップショット仮想ボリュームでは、現在の仮想ボリュームと異なるストレージ階層を使用できます。