vSphere Web Client を使用して、ローカル フラッシュ デバイスとして自動的に認識されないストレージ デバイスにマークを付けることができます。

Virtual SAN を構成したり、仮想フラッシュ リソースを設定したりする場合は、ストレージ環境にローカル フラッシュ デバイスが含まれている必要があります。

ただし、ESXi は、デバイスのベンダーが自動フラッシュ デバイス検出をサポートしていない場合、特定のストレージ デバイスをフラッシュ デバイスとして認識しない可能性があります。その他、特定の非 SATA SAS フラッシュ デバイスがローカルとして検出されない可能性もあります。デバイスは、ローカル フラッシュとして認識されない場合、Virtual SAN または仮想フラッシュ リソースに提供されるデバイスのリストから除外されます。これらのデバイスにローカル フラッシュとしてマークを付けると、仮想 SAN および仮想フラッシュ リソースで使用可能になります。