ブロック ストレージ アレイと統合して、アレイ ハードウェア操作の利点を活用するには、vSphere は Storage APIs - Array Integration(以前は VAAI と呼ばれていた)という ESXi 拡張を使用します。

vSphere 5.x 以降のリリースでは、これらの拡張は T10 SCSI ベースのコマンドとして実装されています。その結果、T10 SCSI 規格をサポートするデバイスを使用すれば、ESXi ホストは直接通信することができるため、VAAI プラグインを必要としません。

デバイスが T10 SCSI をサポートしていない、または部分的にサポートする場合には、ESXi はホストにインストールされた VAAI プラグインの使用に戻すか、T10 SCSI コマンドとプラグインの組み合わせを使用します。VAAI プラグインはベンダー固有で、VMware またはパートナーによって開発可能です。VAAI 対応のデバイスを管理するには、ホストは VAAI フィルタとベンダー固有の VAAI プラグインをデバイスに接続します。

ストレージが VAAI プラグインを必要とする、それとも T10 SCSI コマンドによるハードウェア アクセラレーションをサポートするかの詳細については、『VMware 互換性ガイド』 を参照するか、ストレージ ベンダーにご確認ください。

いくつかの esxcli コマンドを使用して、ハードウェア アクセラレーションのサポート情報をストレージ デバイスに照会できます。VAAI プラグインを必要とするデバイスには、要求ルール コマンドも使用できます。esxcli コマンドの詳細については、『vSphere Command-Line Interface スタート ガイド』 を参照してください。