これらのルールは、Virtual SAN や仮想ボリュームなどのストレージ エンティティがアドバタイズするデータ サービスに基づいています。

基盤となるストレージに関する情報を vCenter Server に提供するため、Virtual SAN と仮想ボリュームは、VASA プロバイダとも呼ばれるストレージ プロバイダを使用します。ストレージ情報およびデータストアの特性は、特定のデータストア タイプによって提供されるデータ サービスとして、vSphere Web Client の仮想マシン ストレージ ポリシー インターフェイスに表示されます。

1 つのデータストアで複数のサービスを提供できます。データ サービスは、データストアで実現可能なサービス品質の概要を示すデータストア プロファイルにグループ化されます。

仮想マシン ストレージ ポリシーのルールを作成する場合は、特定のデータストアがアドバタイズするデータ サービスを参照します。データストアは、このポリシーを使用する仮想マシンに対して、仮想マシンのストレージ要件を満たすことができることを保証します。また、データストアは容量、パフォーマンス、可用性、冗長性などの特定の特性セットを仮想マシンに提供します。

ストレージ プロバイダの詳細については、ストレージ プロバイダの使用 を参照してください。