ESXi ホストは、プロトコル エンドポイントと呼ばれる論理 I/O プロキシを使用して、仮想ボリュームおよび仮想ボリュームがカプセル化する仮想ディスク ファイルと通信します。プロトコルのエンドポイントは、ストレージ プロバイダを介したストレージ システムにより、関連付けられたストレージ コンテナと一緒にエクスポートされます。プロトコル エンドポイントは、ストレージ コンテナを仮想データストアにマップした後、vSphere Web Client で表示可能になります。プロトコル エンドポイントのプロパティを確認し、特定の設定を変更することができます。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、ホストに移動して参照します。
  2. 管理 タブをクリックして、ストレージ をクリックします。
  3. プロトコル エンドポイント をクリックします。
  4. 特定の項目の詳細を表示するには、リストからその項目を選択します。
  5. [プロトコル エンドポイントの詳細] の下のタブを使用して追加情報にアクセスし、選択したプロトコル エンドポイントのプロパティを変更します。

    タブ

    説明

    プロパティ

    項目のプロパティと特性を表示します。SCSI(ブロック)項目の場合は、マルチパス ポリシーを表示および編集します。

    パス(SCSI プロトコル エンドポイントのみ)

    プロトコル エンドポイントの使用可能なパスを表示します。選択したパスを有効/無効にします。パス選択ポリシーを変更します。

    データストア

    対応する仮想データストアを表示します。データストアの管理操作を実行します。