ストレージ容量を節約するために、シン プロビジョニング フォーマットの仮想ディスクを作成できます。シン プロビジョニング仮想ディスクは、最初は小さく、必要なディスク容量が増加するにつれて拡大します。シン ディスクは、ディスク レベルのシン プロビジョニングに対応したデータストアのみに作成できます。

このタスクについて

この手順では、新しい仮想マシンを作成すると想定します。詳細については、『vSphere 仮想マシン管理』ドキュメントを参照してください。

手順

  1. 仮想マシンの有効な親オブジェクトである任意のインベントリ オブジェクト(データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、ホストなど)を右クリックして、新規仮想マシン を選択します。
  2. 新規仮想マシンの作成 を選択し、次へ をクリックします。
  3. 仮想マシンの作成に必要な手順すべてを実行します。
  4. [ハードウェアのカスタマイズ] ページで、仮想ハードウェア タブをクリックします。
  5. 新規ハード ディスク の三角形をクリックして、ハード ディスク オプションを展開します。
  6. (オプション) : デフォルトのディスク サイズを調整します。

    シン仮想ディスクでは、ディスク サイズ値は、ディスクにプロビジョニングされ、保証される容量を示します。最初は、仮想ディスクがプロビジョニングされた領域全体を使用せず、実際のストレージ使用量が仮想ディスクのサイズよりも小さくなる場合があります。

  7. ディスク プロビジョニングに シン プロビジョニング を選択します。
  8. 仮想マシンの作成を終了します。

タスクの結果

シン フォーマットのディスクを持つ仮想マシンを作成しました。

次のタスク

シン フォーマットの仮想ディスクを作成した場合は、あとでフル サイズまで拡張できます。