vCenter ServerESXi は、基盤となる物理ストレージおよびソフトウェア定義によるストレージから、または使用可能な I/O フィルタからストレージ プロバイダが収集する情報を取得するストレージ プロバイダと通信します。これで vCenter ServervSphere Web Client でストレージ データを表示できます。

ストレージ プロバイダが提供する情報は、次のカテゴリに区分できます。

  • ストレージ データ サービスおよび機能。このタイプの情報は、Virtual SAN、仮想ボリューム、および I/O フィルタなどの機能に不可欠です。ストレージ プロバイダは、基盤となるストレージ エンティティまたは使用可能な I/O フィルタが提供するデータ サービスに関する情報を収集します。

    ストレージ ポリシーの仮想マシンおよび仮想ディスクのストレージ要件を定義するときに、これらのデータ サービスを参照します。ストレージ ポリシーを使用すると、使用環境に応じて仮想マシンのストレージを適切に配置したり、仮想ディスクの特定のデータ サービスを有効にしたりできます。詳細については、仮想マシンのストレージ ポリシーについて を参照してください。

  • ストレージ ステータス。このカテゴリには、さまざまなストレージ エンティティのステータスに関するレポートが含まれています。構成の変更に関して通知するアラームやイベントも含まれています。

    このタイプの情報は、ストレージの接続やパフォーマンスの問題を解決するのに役立ちます。アレイ生成イベントおよびアラームをアレイ上での対応するパフォーマンスおよびロードの変化と関連付ける場合も役に立ちます。

  • Storage DRS 情報。ブロック デバイスまたはファイル システムの Distributed Resource Scheduling (DRS) で使用されます。ストレージ プロバイダによりストレージ システムに関する追加情報が提供されるため、Storage DRS による決定とストレージ システム内部のリソース管理の決定の整合性は確保されます。