仮想マシンのパフォーマンスを最適化する場合、ストレージの選定が重要な要因になります。高いパフォーマンスと高い可用性を提供する高価なストレージと、より安価でパフォーマンスが劣るストレージとの間では、常にトレードオフが発生します。

多くの要因に応じて、ストレージは異なる階層に分けられます。

  • ハイ ティア:高いパフォーマンスと高い可用性を提供します。バックアップとポイント イン タイム (PiT) リストアが容易になる組み込み型スナップショットを備えていることがあります。レプリケーション、完全なストレージ プロセッサの冗長性、および SAS ドライブをサポートします。高価なスピンドルを使用しています。

  • ミッド ティア:ミッドレンジのパフォーマンス、やや低い可用性、一部のストレージ プロセッサの冗長性、および SCSI ドライブまたは SAS ドライブを備えています。スナップショットを提供することもあります。中位の価格のスピンドルを使用しています。

  • ロー ティア:パフォーマンスは低く、内部ストレージの冗長性はほとんどありません。ロー エンド SCSI ドライブまたは SATA (低価格のスピンドル) を使用しています。

必ずしもすべてのアプリケーションが、最高のパフォーマンスと可用性を備えたストレージを必要とするわけではありません。

注:

少なくとも、アプリケーションのライフサイクル全体で必要となるわけではありません。 スナップショットなどハイティアの機能の一部が必要だが費用をかけたくない場合は、ソフトウェアで高いパフォーマンス機能を実現できることがあります。たとえば、ソフトウェアでスナップショットを作成できます。

どのような仮想マシンを選定するかを決定するには、次の事項について考えます。

  • その仮想マシンは、どの程度重要か。

  • パフォーマンスと可用性の要件はどの程度か。

  • PiT リストア要件は何か。

  • バックアップ要件は何か。

  • レプリケーション要件は何か。

仮想マシンでは、重要度の変化、またはハイ ティア機能をロー ティアに取り込めるようなテクノロジーの変化によって、ライフサイクルを通じてティアが変わることがあります。重要度は相対的で、組織、運用プロセス、規制条件、災害計画などの変更を含め、さまざまな理由で変わることがあります。