VMFS はクラスタ ファイル システムであるため、複数の ESXi ホストが同じ VMFS データストアへ同時にアクセスすることが可能です。

図 1. ホスト間の VMFS データストアの共有
この図は、複数のサーバがアクセスしている 1 つの VMFS データストアを示しています。

1 つの VMFS データストアに接続できるホストの最大数については、『構成の上限』ドキュメントを参照してください。

同じ仮想マシンに複数のサーバが同時アクセスするのを防ぐために、VMFS にはオンディスク ロック機能があります。

複数のホスト間で同じ VMFS ボリュームを共有すると、次のようなメリットがあります。

  • VMware Distributed Resource Scheduling (DRS) および VMware High Availability (HA) を使用できます。

    仮想マシンを複数の物理サーバに分散できます。つまり、各サーバ上で複数の仮想マシンを実行できるため、同時に同じ箇所に大きな負荷が集中することがなくなります。サーバに障害が発生しても、別の物理サーバ上で仮想マシンを再起動できます。障害が発生すると、各仮想マシンのオンディスク ロックは解除されます。VMware DRS の詳細については、『vSphere リソース管理』ドキュメントを参照してください。VMware HA の詳細については、『vSphere 可用性ガイド』ドキュメントを参照してください。

  • vMotion を使用して、稼働中の仮想マシンを物理サーバ間で移行できます。仮想マシンの移行の詳細については、『vCenter Server およびホスト管理』ドキュメントを参照してください。