レイヤー 3 (L3) のルート設定された接続を使用して NFS ストレージにアクセスする場合は、特定の要件および制約を検討してください。

環境が次の要件を満たしていることを確認します。

  • IP ルータで Cisco のホット スタンバイ ルータ プロトコル (HSRP) を使用してください。Cisco 以外のルータを使用している場合は、替わりに仮想ルータ冗長プロトコル (VRRP) を使用していることを確認してください。

  • サービスの品質 (QoS) を使用し、バンド幅が制限されているネットワーク、あるいは輻輳を経験しているネットワーク上の NFS L3 トラフィックを優先順位付けしてください。詳細については、お使いのルータのドキュメントを参照してください。

  • ストレージ ベンダーによって推奨される経路指定された NFS L3 のベスト プラクティスに従ってください。詳細については、ストレージ ベンダーにお問い合わせください。

  • ネットワーク I/O リソース管理 (NetIORM) を無効にしてください。

  • トップオブラック スイッチあるいはスイッチ依存の I/O デバイス パーティショニングを使用する予定がある場合は、互換性とサポートについてシステム ベンダーにお問い合わせください。

L3 環境では、以下の制限が適用されます。

  • この環境は VMware Site Recovery Manager をサポートしません。

  • この環境は NFS プロトコルのみをサポートします。同じ物理ネットワーク上で FCoE などの他のストレージ プロトコルを使用しないでください。

  • この環境の NFS トラフィックは IPv6 をサポートしません。

  • この環境の NFS トラフィックは LAN 上でのみ経路指定することができます。WAN などのその他の環境はサポートされていません。