タイムアウト パラメータは、全パス ダウン(APD)状態の場合に、ESXi ホストがストレージ デバイスに対して非仮想マシン I/O コマンドを再試行する秒数を制御します。必要に応じて、デフォルトのタイムアウト値を変更できます。

このタスクについて

デバイスが APD 状態になると、タイマーがすぐに起動します。タイムアウトになると、APD デバイスにはホストにより、アクセスできない、保留中または新規の非仮想マシン I/O に失敗したとマークが付けられます。仮想マシン I/O は引き続き再試行されます。

ホストのデフォルトのタイムアウト パラメータは 140 秒です。たとえば、ESXi ホストに接続されているストレージ デバイスが接続の喪失から復旧するのに 140 秒以上かかる場合は、タイムアウトの値を増やすことができます。

注:

APD 中にタイムアウト値を変更しても、その APD のタイムアウトには影響しません。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、ホストに移動して参照します。
  2. 管理 タブをクリックして、設定 をクリックします。
  3. [システム] の下で システムの詳細設定 をクリックします。
  4. [システムの詳細設定] で、Misc.APDTimeout パラメータを選択し、編集 アイコンをクリックします。
  5. デフォルト値を変更します。

    値は 20 ~ 99999 秒の範囲で入力できます。