仮想ディスクを格納するために、ESXi はデータストアを使用します。データストアとは、仮想マシンから物理ストレージの特性を隠し、仮想マシン ファイル格納用の一貫したモデルを提供する論理コンテナです。ブロック ストレージ デバイスにデプロイされたデータストアは、vSphere VMFS フォーマットを使用します。vSphere VMFS フォーマットとは、仮想マシンの格納用に最適化された特殊な高性能ファイル システム フォーマットです。

VMFS ファイル システムには、その導入時以降、いくつかのバージョンが公開されています。次の表では、ホストと VMFS のバージョンの関係を示します。

表 1. ホスト アクセスと VMFS のバージョン

VMFS

ESX/ESXi 3.x ホスト

ESX/ESXi 4.x ホスト

ESXi 5.x ホスト

ESXi 6.x ホスト

VMFS2

RO

RO

N

N

VMFS3

RW

RW

RW

RW

注:

既存の VMFS3 データストアは引き続き使用できますが、新しい VMFS3 データストアを作成することはできません。既存の VMFS3 データストアが存在する場合、VMFS5 にアップグレードします。

VMFS5

N

N

RW

RW

  • RW: 読み書きを完全にサポート。仮想マシンを作成し、パワーオンできます。

  • RO: 読み取り専用をサポート。仮想マシンの作成およびパワーオンはできません。

  • N: アクセスなし。ESXi 5.x 以降のホストでは VMFS2 はサポートされません。データストアが VMFS2 でフォーマットされていた場合は、始めにレガシー ホストを使用してデータストアを VMFS3 にアップグレードしてください。

vSphere Web Client を使用して、ESXi ホストが検出するブロック ベースのストレージ デバイス上に、VMFS データストアをあらかじめ設定します。VMFS データストアは、SAN LUN やローカル ストレージなどの複数の物理ストレージ エクステントにまたがって拡張できます。この機能によってストレージのプール操作が可能になり、仮想マシンに必要なデータストアを柔軟に作成できます。

注:

ATS 対応ハードウェアをプールすると、ATS 専用ロック メカニズムを使用できる、複数にまたがる VMFS データストアが作成されます。いずれかのデバイスが ATS 対応でない場合、データストアは ATS 専用になることはできませんが、ATS+SCSI ロックが使用されます。

仮想マシンがデータストア上で実行されている間に、データストアの容量を拡張できます。この機能によって、仮想マシンが新しい領域を要求するたびに、VMFS データストアにその領域を追加できます。VMFS は複数の物理マシンから同時にアクセスできるように設計されており、仮想マシン ファイルへのアクセス制御を適切に実行します。