仮想マシン ストレージ ポリシーを定義したら、そのストレージ ポリシーを仮想マシンに適用できます。仮想マシンのプロビジョニングまたはその仮想ディスクの構成時に、ストレージ ポリシーを適用します。ポリシーはそのタイプと構成に応じて、さまざまな役割を果たします。ポリシーを使用すると、仮想マシンに最も適したデータストアを選択し、必要なレベルのサービスを適用できます。また仮想マシンとそのディスクで、特定のデータ サービスを有効にすることができます。

ストレージ ポリシーを指定しない場合は、データストアに関連付けられているデフォルトのストレージ ポリシーが使用されます。仮想マシン上のアプリケーションに対するストレージ要件が変わると、最初に仮想マシンに適用されたストレージ ポリシーを変更できます。