NPIV は 1 つの FC HBA ポートを有効にして、複数の一意な WWN をファブリックに登録します。それぞれの WWN は各仮想マシンに割り当てることができます。

スイッチ、HBA、ストレージ デバイス、仮想マシンのような SAN オブジェクトには、WWN (World Wide Name) 識別子を割り当てることができます。WWN はファイバ チャネル ファブリックにあるそれらのオブジェクトを一意に識別します。仮想マシンに WWN が割り当てられている場合、仮想マシンはすべての RDM トラフィックに対してそれらの WWN 割り当てを使用します。こうすることで、仮想マシンの任意の RDM が参照する LUN が、WWN に対してマスクされないようにします。仮想マシンに WWN が割り当てられていない場合、仮想マシンは、ホストの物理 HBA の WWN を使用してストレージ LUN にアクセスします。ただし、NPIV を使用して、SAN のシステム管理者は仮想マシン 1 台ごとにストレージ アクセスの監視と経路設定ができます。次のセクションでは、この動作について説明します。

仮想マシンに WWN が割り当てられたときに、仮想マシンの構成ファイル (.vmx) は WWN のペア (WWPN (World Wide Port Name) と WWNN (World Wide Node Name)) を含むようにアップデートされます。VMkernel は、仮想マシンをパワーオンしたときに、LUN へのアクセスで使用する物理 HBA で仮想ポート (VPORT) のインスタンスを作成します。VPORT は仮想 HBA であり、FC ファブリックには物理 HBA として認識されます。つまり、VPORT には一意の識別子 (仮想マシンに割り当てられた WWN のペア) があります。各 VPORT は仮想マシンに特有のものです。仮想マシンをパワーオフすると、VPORT はホストで無効化され、FC ファブリックに認識されなくなります。仮想マシンが 1 つのホストから別のホストに移行すると、VPORT が最初のホスト上で閉じられ、ターゲット ホスト上で開かれます。

NPIV を有効にすると、作成時に各仮想マシンに対して WWN のペア (WWPN と WWNN) が指定されます。NPIV を使用している仮想マシンをパワーオンすると、仮想マシンはこれらの WWN ペアをそれぞれ順次使用して、ストレージへのアクセス パスを検出しようとします。インスタンス作成された VPORT の数は、ホストにある物理 HBA の数と同じです。VPORT は、物理パスが検出された各物理 HBA に作成されます。各物理パスを使用して、LUN へのアクセスに使用する仮想パスを決定します。NPIV に対応していない HBA は、HBA 上で VPORT をインスタンス作成できないため、この検出プロセスでスキップされることに注意してください。