iSCSI イニシエータに追加パラメータを構成することが必要になる場合があります。たとえば、一部の iSCSI ストレージ システムでは、ポート間で iSCSI トラフィックを動的に移動するために ARP (アドレス解決プロトコル) リダイレクトが必要です。この場合、ホストで ARP リダイレクトを有効にする必要があります。

次の表に、vSphere Web Client を使用して構成できる iSCSI の詳細パラメータを示します。また、vSphere CLI コマンドを使用すると、この詳細パラメータの一部を構成できます。詳細については、『vSphere Command-Line Interface スタート ガイド』ドキュメントを参照してください。

重要:

VMware サポート チームまたはストレージのベンダーの指示がない限り、iSCSI の詳細設定を変更しないでください。

表 1. iSCSI イニシエータの追加パラメータ

詳細パラメータ

説明

構成可能な対象

ヘッダ ダイジェスト

データの整合性を高めます。ヘッダ ダイジェストが有効な場合、システムは CRC32C アルゴリズムを使用して各 iSCSI PDU (Protocol Data Unit) のヘッダ部分でチェックサムを実行し、検証を行います。

ソフトウェア iSCSI

依存型ハードウェア iSCSI

データ ダイジェスト

データの整合性を高めます。データ ダイジェストが有効な場合、システムは CRC32C アルゴリズムを使用して各 PDU のデータ部分でチェックサムを実行し、検証を行います。

注:

Intel Nehalem プロセッサを使用するシステムでは、ソフトウェア iSCSI の iSCSI ダイジェスト計算が軽減されるため、パフォーマンスへの影響が小さくなります。

ソフトウェア iSCSI

依存型ハードウェア iSCSI

最大 R2T 残数

ACK の PDU が受信されるまで移行中の状態にしてもよい R2T (Ready to Transfer) PDU を定義します。

ソフトウェア iSCSI

依存型ハードウェア iSCSI

第 1 バースト長

単一の SCSI コマンドの実行時に iSCSI イニシエータがターゲットに送信できる非請求データの最大量 (バイト単位) を指定します。

ソフトウェア iSCSI

依存型ハードウェア iSCSI

最大バースト長

Data-In または請求 Data-Out の iSCSI シーケンスでの最大 SCSI データ ペイロード (バイト単位) です。

ソフトウェア iSCSI

依存型ハードウェア iSCSI

最大受信データ セグメント長

iSCSI PDU で受信できる最大データ セグメント長 (バイト単位) です。

ソフトウェア iSCSI

依存型ハードウェア iSCSI

セッション リカバリ タイムアウト

セッション リカバリの実行中に、セッション リカバリを無効にする時間を秒単位で指定します。タイムアウトの制限を超えると、iSCSI イニシエータはセッションを終了します。

ソフトウェア iSCSI

依存型ハードウェア iSCSI

No-Op 間隔

iSCSI イニシエータから iSCSI ターゲットに送信される NOP-Out 要求の間隔を秒単位で指定します。NOP-Out 要求は、iSCSI イニシエータと iSCSI ターゲット間の接続が有効かどうかを確認するための ping メカニズムとして機能します。

ソフトウェア iSCSI

依存型ハードウェア iSCSI

No-Op タイムアウト

ホストが NOP-In メッセージを受け取るまでの時間を秒単位で指定します。メッセージは NOP-Out 要求に対応して iSCSI ターゲットから送信されます。No-Op タイムアウトの制限を超えると、イニシエータは現在のセッションを終了して、新しいセッションを開始します。

ソフトウェア iSCSI

依存型ハードウェア iSCSI

ARP リダイレクト

ストレージ システムで、ポート間で iSCSI トラフィックを動的に移動できるようにします。アレイ ベースのフェイルオーバーを実行するストレージ システムでは ARP が必要です。

ソフトウェア iSCSI

依存型ハードウェア iSCSI

独立型ハードウェア iSCSI

遅延 ACK

システムで、受信データ パケットの ACK を遅延させることができるようにします。

ソフトウェア iSCSI

依存型ハードウェア iSCSI