仮想マシンを作成する場合には、データストア上の一定量のストレージ領域が仮想ディスク ファイルにプロビジョニングされます。

デフォルトで、ESXi は仮想マシンの従来のストレージ プロビジョニング方法を提供します。この方法によって、仮想マシンがライフサイクル全体で必要とするストレージの量を最初に見積もります。次に仮想ディスクに固定されたストレージの容量 (たとえば 40GB) を事前にプロビジョニングし、プロビジョニングされた領域全体を仮想ディスクにコミットします。プロビジョニングされた領域全体をすぐに占有する仮想ディスクはシック ディスクです。

ESXi では仮想ディスクのシン プロビジョニングがサポートされます。ディスク レベルのシン プロビジョニング機能を使用すると、シン フォーマットの仮想ディスクを作成できます。シン仮想ディスクの場合、ESXi はディスクの現在および将来のアクティビティに必要となる領域全体 (たとえば 40GB) をプロビジョニングします。ただし、シン ディスクが初期の操作で使用するのは、ディスクが必要とするストレージ領域に限定されます。この例では、シン プロビジョニング ディスクが使用するストレージは 20GB のみです。ディスクがさらなる領域を必要とすると、プロビジョニングされた領域全体の 40GB に増やすことができます。

図 1. シックおよびシン仮想ディスク
次の図は、2 つの仮想マシンを示しています。1 つはシック ディスクで、もう 1 つはシン フォーマットの仮想ディスクです。