VASA プロバイダとも呼ばれる仮想ボリューム ストレージ プロバイダは、vSphere の Storage Awareness サービスとして動作するソフトウェア コンポーネントです。プロバイダは、一方の側を vCenter Server ホストと ESXi ホスト、もう一方の側をストレージ システムとする、アウトオブバンド通信を仲介します。

ストレージ プロバイダは、VMware APIs for Storage Awareness (VASA) によって実装され、仮想ボリューム ストレージのすべての側面を管理するために使用されます。ストレージ プロバイダは、vSphere に付属するストレージ監視サービス (SMS) と統合され、vCenter Server および ESXi ホストと通信します。

ストレージ プロバイダは、基盤となるストレージから、または仮想ボリュームの場合にはストレージ コンテナから情報を配信し、ストレージ コンテナの機能を vCenter Server および vSphere Web Client に表示できるようにします。次にストレージ プロバイダは、仮想マシンのストレージ要件をストレージ レイヤーに伝達します。要件は、ストレージ ポリシーの形式で定義できます。この統合プロセスにより、ストレージ レイヤーで作成される仮想ボリュームが、ポリシーで規定されている要件を必ず満たすようになります。

通常、ベンダーには、vSphere と統合可能なストレージ プロバイダを供給し、仮想ボリュームをサポートする責任があります。すべてのストレージ プロバイダは、VMware によって認定され、適切にデプロイされる必要があります。仮想ボリューム ストレージ プロバイダのデプロイの詳細については、ストレージ ベンダーにお問い合わせください。

ストレージ プロバイダのデプロイ後は、そのプロバイダを vCenter Server で登録し、SMS を経由して vSphere と通信できるようにする必要があります。