アーキテクチャ図には、仮想ボリューム機能のすべてのコンポーネントが相互作用する仕組みの概要が示されています。

図には、仮想ボリュームのさまざまなコンポーネントが相互作用する仕組みが示されています。

仮想ボリュームは、準拠ストレージ システムによってエクスポートされるオブジェクトで、通常、仮想マシン ディスクや他の仮想マシン関連ファイルに 1 対 1 で対応します。仮想ボリュームは、VASA プロバイダにより、データ パス内ではなくアウトオブバンドで作成および操作されます。

VASA プロバイダ、つまりストレージ プロバイダは、vSphere APIs for Storage Awareness で開発されます。ストレージ プロバイダにより、一方の vSphere スタック(ESXi ホスト、vCenter Server、および vSphere Web Client)ともう一方のストレージ システム間の通信が可能になります。VASA プロバイダは、ストレージ側で実行され、vSphere ストレージ監視サービス (SMS) と統合されて仮想ボリューム ストレージのすべての側面を管理します。VASA プロバイダは、仮想ディスク オブジェクトとその派生物(クローン、スナップショット、およびレプリカなど)をストレージ システム上の仮想ボリュームに直接マッピングします。

ESXi ホストには、仮想ボリューム ストレージに直接アクセスする権限がありません。代わりにホストは、プロトコル エンドポイントと呼ばれるデータ パス内の中間ポイントを介して仮想ボリュームにアクセスします。プロトコル エンドポイントでは、仮想マシンからそれぞれの仮想ボリュームへのデータ パスがオンデマンドで確立され、ESXi ホストとストレージ システムの間の直接インバンド I/O のゲートウェイとして機能します。ESXi では、インバンド通信で、ファイバ チャネル、FCoE、iSCSI、および NFS の各プロトコルを使用できます。

仮想ボリュームはストレージ コンテナ内部に存在し、論理的にストレージ システム上の物理ディスクのプールを表します。vSphere スタックにおいて、ストレージ コンテナは仮想データストアとして表されます。1 つのストレージ コンテナ単体で、複数のストレージ機能セットをエクスポートできます。そのため、仮想データストアで仮想マシンを作成する場合は、異なるストレージ ポリシーを使用して、仮想マシンのさまざまなストレージのニーズを満たすように、同じストレージ コンテナの内部に仮想ボリュームを配置することができます。

仮想ボリューム アーキテクチャの詳細については、ビデオをご覧ください。