ベンダーによって提供されたインストーラを実行し、I/O フィルタのインストール、アンインストール、またはアップグレードを実行できます。

I/O フィルタの処理では、次のことを考慮する必要があります。

  • vCenter Server は、ESX Agent Manager (EAM) を使用して I/O フィルタのインストールとアンインストールを行う。管理者は、vCenter Server が作成または使用する EAM エージェンシーのために EAM API を直接呼び出してはならない。I/O フィルタ関連の操作はすべて VIM API を通して行う必要がある。vCenter Server によって作成された EAM エージェンシーを誤って変更した場合は、その変更を取り消す必要がある。I/O フィルタが使用する EAM エージェンシーを誤って壊した場合は、Vim.IoFilterManager#uninstallIoFilter を呼び出し、影響を受けた I/O フィルタをアンインストールする必要がある。アンインストール後、フレッシュ再インストールを実行する。

  • I/O フィルタを持つクラスタに新しいホストが加わるときには、そのクラスタにインストールされているフィルタがそのホストにデプロイされる。vCenter Server によって、そのホストの I/O フィルタ ストレージ プロバイダが登録される。クラスタに何か変更があった場合には、vSphere Web Client の仮想マシン ストレージ ポリシーのインターフェイスでその変更を確認できる。

  • クラスタ外へホストを移動したりホストを vCenter Server から削除したりすると、そのホストから I/O フィルタがアンインストールされる。フィルタがアンインストールされた後、vCenter Server によって、ホストの I/O フィルタ ストレージ プロバイダの登録が解除される。

  • ステートレス ESXi ホストを使用する場合には、再起動中にホストがその I/O フィルタ VIB を失うことがある。ホストが再起動した後で、vCenter Server が、ホストにインストールされているバンドルをチェックし、必要に応じて I/O フィルタ VIB をホストにプッシュする。