新しいアレイのハードウェア アクセラレーションを構成するには、VAAI フィルタ用と VAAI プラグイン用に 1 つずつ要求ルールを追加する必要があります。新規の要求ルールをアクティブにするには、まずルールを定義し、次にそれをシステムにロードします。

始める前に

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。vSphere Command-Line Interface スタート ガイド を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

このタスクについて

これは、T10 SCSI コマンドをサポートせずに、代わりに VAAI プラグインを使用するブロック ストレージ デバイスのための手順です。

手順中、--server=server_name で接続先サーバーを指定します。指定された接続先サーバーはユーザー名とパスワードの入力を促します。構成ファイルやセッション ファイルなど、他の接続オプションもサポートされています。接続オプションのリストについては、『vSphere Command-Line Interface スタート ガイド』を参照してください。

手順

  1. esxcli --server=server_name storage core claimrule add --claimrule-class=Filter --plugin=VAAI_FILTER コマンドを実行して、VAAI フィルタ用に新規要求ルールを定義します。
  2. esxcli --server=server_name storage core claimrule add --claimrule-class=VAAI コマンドを実行して、VAAI フィルタ用に新規要求ルールを定義します。
  3. 次のコマンドを実行して、2 つの要求ルールをロードします。

    esxcli --server=server_name storage core claimrule load --claimrule-class=Filter

    esxcli --server=server_name storage core claimrule load --claimrule-class=VAAI

  4. esxcli --server=server_name storage core claimrule run --claimrule-class=Filter コマンドを実行して、VAAI フィルタ要求ルールを実行します。
    注:

    実行が必要なのはフィルタ クラスのルールだけです。VAAI フィルタがデバイスを要求するとき、添付に適した VAAI プラグインが自動的に検索されます。

ハードウェア アクセラレーションの要求ルールの定義

この例では、VMW_VAAI_T10 プラグインを使用して、IBM アレイのハードウェア アクセラレーションを構成する方法を示します。次のコマンド シーケンスを使用します。コマンドが取得するオプションについては、マルチパスの要求ルールの追加 を参照してください。

# esxcli --server=server_name storage core claimrule add --claimrule-class=Filter --plugin=VAAI_FILTER --type=vendor --vendor=IBM --autoassign

# esxcli --server=server_name storage core claimrule add --claimrule-class=VAAI --plugin=VMW_VAAIP_T10 --type=vendor --vendor=IBM --autoassign

# esxcli --server=server_name storage core claimrule load --claimrule-class=Filter

# esxcli --server=server_name storage core claimrule load --claimrule-class=VAAI

# esxcli --server=server_name storage core claimrule run --claimrule-class=Filter