vSphere には、デフォルトで、すべての仮想マシン ファイルのキューのスケジュールを作成するメカニズムが用意されています。たとえば、.vmdk などの各ファイルには、それ独自のバンド幅制御が適用されます。

このメカニズムにより、.vmdk などの特定の仮想マシン ファイルの I/O が独自の別個のキューに送られ、他のファイルからの I/O と干渉することのないようにします。

この機能はデフォルトで有効化されています。この機能は、システムの詳細設定で VMkernel.Boot.isPerFileSchedModelActive パラメータの値を調整することによって、必要に応じて無効化できます。