esxcli コマンドを使用して、マルチパス PSA 要求ルールをシステムの要求ルール セットから削除します。

始める前に

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。vSphere Command-Line Interface スタート ガイド を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

このタスクについて

手順中、--server=server_name で接続先サーバーを指定します。指定された接続先サーバーはユーザー名とパスワードの入力を促します。構成ファイルやセッション ファイルなど、他の接続オプションもサポートされています。接続オプションのリストについては、『vSphere Command-Line Interface スタート ガイド』を参照してください。

手順

  1. ある要求ルールを要求ルール セットから削除します。

    esxcli --server=server_name storage core claimrule remove

    注:

    デフォルトでは、PSA 要求ルール 101 は、Dell アレイ擬似デバイスをマスクします。このデバイスのマスクを解除する場合以外は、このルールを削除しないでください。

    このコマンドには次のオプションがあります。

    オプション

    説明

    -c|--claimrule-class=<str>

    この操作で使用する要求ルールのクラスを指定します(MP、Filter、VAAI)。

    -P|--plugin=<str>

    この操作で使用するプラグインを指定します。

    -r|--rule=<long>

    この操作で使用するルール ID を指定します。

    この手順は、File クラスから要求ルールを削除します。

  2. システムから要求ルールを削除します。

    esxcli --server=server_name storage core claimrule load

    この手順は、Runtime クラスから要求ルールを削除します。